ライセンス取得・体験ダイビングなら伊豆老舗ダイビングスクール ダイブショップ宝島

日本レジャーダイビングの発祥地 伊豆の老舗ダイビングスクール。ライセンス取得・体験ダイビングならダイブショップ宝島

ウェットスーツで快適キャンペーン第2弾!

2020/05/02 カテゴリー:お知らせ
セミドライ

水温にスーツ自体を合わせてみる??

前回はインナーで水温に対して調整するのはどうか?ということでしたが、暖かい、寒いという体感には個人差が大きいです。水温20℃くらいで5mmワンピースウェットスーツで水に入ると、大丈夫な方とダメな方にわかれるのがその個人差です。

じゃ、ドライスーツで潜れば?と言う話になってしまうかもしれませんが「ウェットスーツで快適」というのがここでの話ですし、気温が30℃くらいの日にドライスーツ着て、潜る前にすでに体が汗だくっていうのは快適か?ですよね。

スーツを工夫してみる!

ウェットスーツはなにもワンピースだけではないのです、上下分かれている2ピースタイプなら、上・下が重なっている場所は1ピースより厚みが出る、保温力が上がるということなんですよ。そこで更にインナーを使えば更に保温力アップです。防水ファスナーを使用したセミドライも体の中心部は濡れない(手首・足首からの浸水はありますよ)ので保温力が高いです。今日は2種類をご紹介!

2ピースウェットスーツ

写真のものはフード付きタイプ

画像のものはフード付上着で「かぶり」といわれたりすることもあります。2ピースに関しては、形・素材も非常に豊富です。ゴムのスキン地のスーツ派無茶苦茶暖かいです。体に直接当たる裏地をスキンにしておくと、エキジット後にすぐ乾燥するので風に吹かれても寒くありません。ただ、着脱時に両面ジャージのものと比べると苦労するかもしれません。そこでファスナーを装備したり、裏地を滑りやすいSCS素材などを使用すると楽になります。

セミドライスーツ

セミドライ
簡易防水ファスナーで浸水少量、最近、ほぼドライスーツのようなものもある。

簡易防水ファスナー(物によっては防水ファスナー)により、浸水を最小限にくいとめている体の中心は濡れないスーツ。最近のものはブーツがついていないドライスーツのようなものや、ブーツをつけることがデキるものもあり、何がドライスーツと違うのか?わからないものもあります。スタッフは現在画像と同じものを使用しております。

 

2ピースウェットスーツ・セミドライスーツに関してはものすごくバリエーションが広いので、詳しくはスタッフまでどうぞ!

画像のセミドライスーツに関しては

定価 84,000円税別→67,200円税別でキャンペーン中!
このスーツのいいところ!採寸必要ありません!

 

 

  • 失敗しない!自分に合ったスクール選び
  • 知ってほしい!当店のこだわり
  • 30,000円割引クーポンあり!お得な講習
  • 社会貢献・地域活性化プロジェクト活動

インフォメーション

  • Facebook

  • Twitter

  • Blog

    さとふる

    ふるさと納税でもらえる当店のダイビングメニュー(スクール/ 体験/ スノーケリング)

    楽天ショップ

    楽天ショップ

    たからじまオンラインショップ

    たからじまオンラインショップ

ページトップ