ライセンス取得・体験ダイビングなら伊豆老舗ダイビングスクール ダイブショップ宝島

日本レジャーダイビングの発祥地 伊豆の老舗ダイビングスクール。ライセンス取得・体験ダイビングならダイブショップ宝島

責任と安全について

安全なダイビングを行うためにも知っておくべきことがあります。

ダイビングのリスクを軽減するには正しい練習が必要です。
継続して練習することによりライセンス取得時に覚えたスキルを忘れることがなくなり、自信を持って活動をすることが出来て、水中での間違った行動をとる可能性が低くなります。
ということをお伝えするのはインストラクターの役割です。
しかし、インストラクターにはダイビングライセンスをお持ちの方に体験ダイビングのように手取り足取り介助をする責任がありません。

水中ガイドとは、特定のダイビングポイントに関する楽しみや危険性などをダイバーの皆様にお知らせし、そのダイビングポイントの水中をご案内する業務をいいます。
水中ツアーにご参加いただく皆様が、ダイバーとしての知識とスキルを修得し維持できていることを前提にしていますので、皆様の知識やスキルなどを補うことをその役割とはして おりません。
安全なダイビングを実施する上で、ダイビング活動に参加する方にも責任があり、相互で責任を自覚しておくことが大切なことなのです。

ドリフト、ナイト、ディープ等の別に設定された知識、スキルが必要となるダイビングにおいては、皆様の安全を確保するために、そうした分野の知識とスキルを修得されたダイバーの方のみを、水中ガイドいたします。
ご希望される場合は、コース等で事前に必要となる知識とスキルを修得されたうえで、ご参加いただきますようお願いたします。

水中ガイド

  • 案内しようとする水域の当日のコンディションをふくめた特徴的な情報を提供
  • その場所特有、当日のコンデョションにおいての危険性と回避方
  • 当日のコンディションに適したテクニック・スキルのアドバイス
  • 当日に必要な器材の紹介

安全なダイビング

  • 自分の体にフィットし、使用しやすく、信頼性の高い器材
  • それを使いこなすダイバーとしての能力(スキル・知識)

これらが非常に大切です。
安全なダイビング活動とは、それらの条件が整い、水中ガイドと参加するダイバーがお互いの責任を果たしてはじめて実現するものなのです。
Cカードを持っていても潜っていなければ、技術も低下して知識も忘れてしまいます。将来に渡って技術や知識を保証するものではありません。
以前のダイビングから期間がある場合にリフレッシュコースが推奨されるのは技術や知識を思い出すためです。

また、 Cカードの取得はどんな地域の、どんな環境でも自由に潜れる能力がついたということではありません。
通常のエントリーレベルの講習では
・昼間の比較的穏やかな水域で、バディと共にダイビングする
・水深18mまでの範囲で、減圧停止を必要としない範囲
・頭上に障害物がなく直接水面まで出られる環境
以上の範囲を超える場合は追加トレーニングが必要になります。
何回潜ったことがあっても、例えば一度もナイトダイビングをしたことがない方はその点においては初心者と同じなのです。
潜る前にはそれなりにストレスを感じることでしょう。ナイトダイビングで扱う器材に関して不慣れなこともあると考えられます。
同様に初めて経験する深度、透明度、水温、潮流、地形も同様です。
ダイバーは経験していない環境では「初心者」であり、新しい経験をするために練習するのはそのためなのです。

何もなかったからよかった、ではなく「○○な問題がある可能性がある」というリスクを意識しているから問題が起きる前に回避することが可能となるのです。
ダイバーとしての能力(スキル・知識)を向上させることが、Cカードを取得したあと楽しむためにも必要なことなのです。

ダイバーの皆様へ

水中ガイドの役割

水中案内ガイドはインストラクターでなくてはいけないという決まりはありません。
ここが誤解のもとで、日本はインストラクターであることが多いのですが、日本以外はインストラクターでないことが多いのです。
インストラクターというのはダイバーでない方をダイバーにする「講習が出来る」という資格であって、水中を案内するのはすでに認定されたダイバーの方で、インストラクターが水中を案内する必要はないのです。
大変申し訳ありませんが、インストラクターが足りない部分を補って楽しませてくれるというのは体験ダイビングまで、というで認識を間違えないでいただきたいと思います。
海外で日本人以外のガイドが冷たかったなどというのはコミニケ―ション以前にスキル不足がほとんどです。認定証を持っているということは自分で出来る!ということなのです。

最初から出来る人はいませんが、球技と違ってダイビングは継続すれば必ずうまくなります。もちろん上手くなるスピードの個人差はあるとは思います。
しかし、スコア―で勝負、タイムで勝負という性質のものではありませんので、正し練習を継続してまずは自分のことが出来るダイバーになりましょう。
ダイブショップ宝島では、みなさんがダイビングを継続している限りフォローアップしつづけます。

さあ、ダイビングをはじめましょう!

ステップアップコースへ >

  • オープンウォーターダイバー

    オープンウォーターダイバー

    水深18mまで楽しめる

  • アドバンスドオープンウォーターダイバー

    アドバンスドオープンウォーターダイバー

    水深39mまで楽しめる! 詳しく見る

  • レスキューダイバー

    レスキューダイバー

    もっと追求。リーダーになる準備! 詳しく見る

  • 失敗しない!自分に合ったスクール選び
  • 知ってほしい!当店のこだわり
  • ウェットスーツプレゼント!お得な講習
  • 社会貢献・地域活性化プロジェクト活動

インフォメーション

  • Facebook

  • Twitter

  • Blog

    さとふる

    ふるさと納税でもらえる当店のダイビングメニュー(スクール/ 体験/ スノーケリング)

    楽天ショップ

    楽天ショップ

    たからじまオンラインショップ

    たからじまオンラインショップ

ページトップ