ホーム | ダイビング器材 | 
ダイビングで使用する器材

ダイビングは色々な道具を使って海に潜る遊びです。器材の知識 を深めて、自分に合った器材を選びましょう!レンタル器材よりず っと上達が早く、使い慣れれば慣れるほどダイビングが楽になって きます。もちろんレンタル代もかからないから楽しむほど、潜るほど お得です。海で毎日使っているプロだから分かる、正しい器材の選 び方を適切にアドバイス致します。お気軽にご相談ください。メールする

マスク顔につけて水中で良好な視界を確保する 道具。透明なシリコンゴムで出来ていて プラスチック製のフレームに割れにくいガ ラスがはまっている。また鼻からの水の 進入も防いでくれる。
スーツダイビング中に体を保護し保温してくれる 道具。体との隙間に水の入るウェットスー ツと全く水の入らないドライスーツがある 。伊豆では基本的に夏以外はドライスー ツが基本。レンタルより自分のサイズに あったものが快適。
スノーケル口にくわえ、水面で呼吸をする道具。 最近のものはほとんどが排水弁がつき 上から水が入っても簡単にクリアできる。 男性用、女性用で太さや長さが違う。
レギュレータータンクの中の高圧空気を吸いやすい圧力 に自動的に調節してダイバーに供給して くれる装置。他にも予備の呼吸装置や タンクの空気残量などを教えてくれるゲー ジ、BCに空気を送るホースなどがついて ワンセットになっている。
フィンかかとまでぴったりと被うフルフット型と ベルトで調整可能なストラップ型の2タイ プがある。脚力に合わないものを使うと 疲れるし、上達の妨げになるので選ぶ際 には注意が必要。
BC(浮力調整具)タンクを取り付け背負う為の器具。色々 なタイプがあるが空気を入れたり出したり して浮力の調節をするもの。水面では浮 きの役目、水中では無重力の状態を作り ダイバーをサポートしてくれる重要な器材
グローブダイビング中にキズや寒さから手を守る 道具。夏〜秋用と、冬用の2タイプがあ る。水温や季節によって使い分けよう。 サンゴ礁では使用禁止の場所あり。
タンクよく酸素ボンベと思っている人も多いが 中身は高圧の空気。どこでもレンタルが 基本。最近は人工的に酸素濃度を高く したナイトロックスが話題。呼吸が楽で 安全性も格段に高い
ブーツフィンのすれや怪我から足を保護してくれ るもの。厚みによって保温力が違う。 ウェットスーツ着用時に使用。ドライスー ツの場合は使わない。
重器材セットタンクにセットするレギュレーターとBCの 事を重器材セットと言っている。タンクへ のセットの仕方は器材により違ってくる。 Cカード取得後ダイビングを続けるなら、 自分の器材を揃えるほうが経済的。



宝島アドレス

Copyright(c)2006 Dive Shop TAKARAJIMA All rights reserved. サイト内の写真、文章の無断転用、転載はかたくお断りいたします